陰謀インベスターぷうちんの「仮想通貨」投資

国際金融に関する陰謀論をひとつの指針として、仮想通貨に投資中【投資は自己責任】ツイッター:https://twitter.com/inboukabu

【金融陰謀論⑤⑤】未来予測 戦わずして勝つことで善悪がスクラップ崩壊して生まれ変わる。

f:id:inboukasoutsuka:20180603221806j:plain

「義正せども正義なし」戦って勝つのではなく、

戦わずして勝つことで

善悪がスクラップ崩壊して生まれ変わる。

⇒世界経済の未来を予測 先回りして投資すれば大チャンス(仮想通貨・人工知能

 

転載:「知ったらひっくり返るこの国の裏政界と裏科学」

著者 高嶋康豪 × 藤原直哉

 

200年間に渡る金融資本主義による支配

●ここ200年間、世界は金融資本主義という名の拝金主義によって支配されてきた。メジャー企業が都合の良い白人至上主義をつくりあげて世界を支配し、食料、燃料エネルギー、水など人間の生活に必要なものを独占して、それを金融工学により儲けに変えるというシステムが形成されてきた。

 

●そのシステムでメジャーが金儲けするために、スクラップ・アンド・ビルドの法則により、世界二度の大戦が起こり、今世紀に入っても紛争が繰り返されてきた。

 

●どれだけ多くの人間の血が流れたことだろう。日本でも、明治維新から終戦、戦後の復興からバブル崩壊、そして混迷する現代にいたるまでメジャーによる支配の影響を大きく受けている。

 

●その大元になるのは、相対という世界観による元素主義からできた、物質至上主義と機械的価値である。その中では、人に嘘をつき、騙してでも物質を多く手に入れたものが権力を持ち、賞賛されているのである。

 

 

戦わずして勝つ 物質至上主義から解放

先を見越し未来を直視

●このような社会が限界に達しており、多いく方向転換しなければならないのは明白である。しかし義憤の念でクーデターや革命を起こしてもしょうがない。間違いを正そうとするという考え方自体が間違いなのである。

 

●「義正せども正義なし」で、義を正すことに執着すると争いが起きる。同じ土俵で戦うことに意味はない。戦って勝つのではなく、戦わずして勝つことで善悪がスクラップ崩壊し、生まれ変わることが必要である。

 

●ではどうすればいいか。人類のもっと上の和・不二・産霊という融合の次元、相対ではなく絶対の世界へと導き、優勝劣敗を基軸にした物質至上主義社会から解放することである。先を見越し未来を直視することである。

 

 

 

【仮想通貨分析⑩】シンギュラリティネット グーグル・アップル・アマゾンなど巨大企業のAI寡占に対抗

f:id:inboukasoutsuka:20180602105301j:plain

シンギュラリティネットとAIDecentralizedとの間で

分散型AI連合(DAIA) を開始すると発表

 

シンギュラリティネット

SingularityNETは、統合されたAIサービスの分散型市場向けのオープンソースプロトコルであり、スマートコントラクトの集合体です。

AIは、すべての利益のためのグローバルコモンズのインフラストラクチャになります。誰でもAI技術にアクセスしたり、開発のステークホルダーになることができます。

SingularityNETにネットワークで使用するためのAI /機械学習サービスを誰でも追加することができ、交換用のネットワーク支払いトークンを受け取ることができる。

twitter.com

 

AiDecentralized

AiDententizedはACMグローバルイニシアチブであり、世界で870,000人のAI開業医と280,000人のブロックチェイナーと暗号学者

www.aidecentralized.com

 

人工知能イニシアティブAIDecentralizedは、人間型ロボットSophiaの基盤となるSingularityNETとの間で 分散型AI連合(DAIA) を開始すると発表しました 。

 

●新たな業界連合の創設において、チームは、「 標準、プロトコル、インタフェース、その他の技術的問題について協調するためのメンバー組織のための媒体を提供する 」 ことを 願って おり、新興のAIブロックチェーンプロジェクトにガイダンスやその他のリソースを提供したいと考えています。

 

●基本的には、AIブロックチェーンイニシアチブのための集中的なオープンソースの権限を作成することです。 業界団体としての役割を果たすだけでなく、DAIAはブロックチェーンのAIプロジェクトのための財政的および戦略的リソースとしても活動する予定です。

●この役割は、Apache財団から開発才能を入手できるだけでなく、有望なプロジェクトに直接投資し、AIブロックチェーン投資に関する他の人たちに助言を与えることを伴います。

 

●当初、DAIAは、最初の50件のプロジェクトごとに2百万米ドルの資金援助を受けて、今後2年間に100件のプロジェクトを支援する予定です。

●DAIAの発表は、AIに参加し、協力的ではなく民主的に制御された方法で技術をブロックする最新の取り組みを示しています。

 

 

シンギュラリティネット代表 ソフィア開発者

ベン・ゲーツェル(Ben Goertzel)博士

f:id:inboukasoutsuka:20180602111836j:plain

画像引用https://www.odt.co.nz/news/national/worlds-most-human-robot-visits-nz

 

「今日、私たちはAIの寡占に直面しています。データとフレームワークは大部分が少数の企業によって所有されています。

DAIAを使用して、ブロックチェーンと関連技術を活用して、少数の強力な企業ではなく、より広範な社会に利益をもたらす、民主的に統制されたAIコミュニティを構築することを目指しています。」と声明。

 

●そのために、チームは可能な限り広範なエコシステムを作成して、AIがブロックチェーンを活用できるようにしています。

 

●同じ目標が、2月のSingularityNETと量子ブロックチェーン企業Nexusのパートナーシップにつながった。

●このプロジェクトで、AIロボットがFacebookMicrosoftGoogleなどのAI巨人の手に渡ることなく、分散した方法でコミュニケーションと取引を行うことを可能にするブロックチェーンネットワークを構築しようしている。

 

参照:

www.the-blockchain.com