陰謀インベスターぷうちんの「仮想通貨」投資

国際金融に関する陰謀論をひとつの指針として、仮想通貨に投資中【投資は自己責任】ツイッター:https://twitter.com/inboukabu

【国際金融陰謀論⑤④】中国が人民元建ての原油先物開始!ドル崩壊の始まり? 国際金融資本家は想定済み!?

f:id:inboukasoutsuka:20180330235647j:plain

 

中国が人民元建ての原油先物開始

 

●中国で26日(2018年3月)、人民元建ての原油先物が上場し、取引を開始した。2017年に世界最大の原油輸入国になった中国は、自国の需要動向を国際価格に反映することを狙う。

原油先物が上場したのは上海先物取引所傘下の「上海国際エネルギー取引所」。中国は市場参加者の厚みを増すため、海外投資家の誘致に本腰を入れる。

 

●取引に加わる外国企業を税制優遇、個人に対しても3年にわたり所得税を課税しない。すでに20近い外国企業が参入を申請したもようだ。

●現物での受け渡しも可能にし、実需家の取引参加にも期待を示す。

●今後も投資家の声を聞き入れて制度を整備し、元建て原油先物を国際指標の一角に育成したい考え。

 

参照:日本経済新聞 2018/3/26

www.nikkei.com

 

 

将来的に原油全体の価格を決定する可能性もある

 

「現在、原油価格の国際的な基準を決定しているのは、ブレント価格(イギリスの北海にあるブレント油田)の原油価格とWTI価格(アメリカテキサス州沿岸卸しで産出される原油価格)である。これらはすべて米ドル建てである」

 

「一方、中国は世界最大の原油の輸入国である。そのため人民元建て先物取引原油価格は、アジア地域ではもっとも重要な原油価格の基準となることは間違いない。将来的には原油全体の価格を決定する可能性もある。その影響力は計り知れない」

 

「さらに、人民元建ての原油先物取引が可能になると、アメリカの経済制裁下にあるロシアやイラン、さらに反米のベネズエラなどの原油輸出国は、人民元建てで世界最大の中国市場に向けて原油輸出が可能となる」

 

「そして中国から人民元で受け取った輸出代金は、上海や香港の市場で金地金を受け取ることができる。つまり、ドルの使用を回避したい国々は人民元決済を選択することで、ドルベースの金融システムに依存する必要性がなくなるのだ

 

転載:「2020年アメリカは分裂する」(詳細下記)

 

ツイッターの意見>

 

 

 

 

 

 

ドル崩壊の始まり?国際金融資本家は想定済み!?

 

●上海GOY(金担保石油元)の取引開始の最初の日の最も活発なトレーダーはロスチャイルドの会社グレンコアであったことは注目に値する。

 

 

●表面的には、ロスチャイルドとハザール兄弟たちは米国に対峙して中国側にいるように思える。

●しかし、より深いところで物事を分析すると、非常に異なる絵が浮き上がる。この一つとして、ロスチャイルドとその同僚のハザールマフィアは壊滅的敗北に直面している。

 

選抜転載:「嗚呼、悲しいではないか!」さん

jicchoku.muragon.com

 

 

グレンコア

 

●グレンコア・ピーエルシー(英: Glencore plc)は、スイス・バールに本社を置く鉱山開発及び商品取引を行う多国籍企業

●グレンコアは世界最大の商品取引商社であり、亜鉛の世界シェアは60パーセント、銅は50パーセントに上る。

●また、同社は金属や石油、石炭、天然ガスなどの鉱物に加え、麦やトウモロコシ、砂糖、食用油等の農作物の生産から取引までを行う

 

参照:グレンコア - Wikipedia

 

 

金地金の価格も上がる??

f:id:inboukasoutsuka:20180330235628j:plain

中国は今後数十年かけて

国際的な決済に金本位制度を導入考えでいるもよう

 

●中国は世界最大の金輸入国であるが、 現在人民元建ての原油先物取引を上場。これは金でも代価を支払えるようにする予定。

●中国は金に裏付けられた人民元原油の輸入の決済に使うことを考えているという。全ての取引が金で行われ ることは無いとしても、そうなれば事実上金は決済規準となる。

 

●金は商品というよりも、むしろ通貨金以外では裏付けのない貿易取引に 使われる通貨となるだろう。

●もしこうした動きが加速すれば、金の価格は数倍に上昇するに違いないと予想される(Aroraレポートを発行している国際市場アナリストのNigam Arora氏)

 

抜粋引用:週刊ゴールド 2017/9/25

http://www.evojapan.com/evocx/keizaishihyou/pdf/gold_r.pdf

 

 

転載:「2020年アメリカは分裂する」👇詳しく知りたい人はクリック👇