陰謀インベスターぷうちんの「仮想通貨」投資

国際金融に関する陰謀論をひとつの指針として、仮想通貨に投資中【投資は自己責任】ツイッター:https://twitter.com/inboukabu

【第3次世界大戦③】ロシア国営テレビ「ハルマゲドンに備えよ」とガチ警告

ロシアがアメリカとの核戦争を懸念

 

抜粋転載:TOCANA 2018.04.12

今月10日、ロシア国営テレビが戦争に備えるよう国民に呼びかけた。

●シリアをめぐってアメリカと対立するロシアが遂に戦争に突入するかもしれないとして、世界中で大きな話題になっており、一部のオルタナティブメディアでは「ハルマゲドンに備えよ」とロシアが警告したと報じている。

 

●問題となるニュースが放送されたのは、ロシア国営テレビのチャンネル「ロシア24」。2人の男性レポーターが、大国であるロシアとアメリカが衝突すれば“破滅的な被害”が想定されると警告。

●まず水と塩を確保し、次に粉ミルク、砂糖、缶詰、米やオート麦といった保存期間の長い食料をシェルターに持ち込むべきだと語った。

●男性アナウンサーが成人男子・女性・子どもが1日に必要とする水分量、気温上昇に伴い必要となる水分補給量の変化などを伝え、最後にガスマスクや「戦時マニュアル」、医療品も忘れないよう付け加えた。

 

 

体内の放射能を取り除くヨウ素の準備を国民に呼びかけ

●特に強調されているのが、ヨウ素である。男性レポーターによると、ヨウ素は体内の放射能を取り除く効果があるため、何よりも優先されるべきだという。

どうやら、ロシア本土にアメリカの核ミサイルが落ちることを想定しているようだ。

 

●今回のロシア24の報道を見る限り、彼らも軍事衝突はシリア国内だけで済むものではないと考えているらしい。そして、国営放送であるだけに、これこそがクレムリンの意向であると考えることもできるだろう。

●まさか、第3次世界大戦に突入するというのだろうか……?

 

 

 

アメリカは問題視していない

●一方、米国は全く心配していないようだ。

●米誌「Newsweek」オンライン版(11日付)が、「ロシアのテレビ番組が米国との戦争に備えるよう、“あざけるように”報じた」と、見出しに書いているように、これはロシアのジョークだと考えているらしい。

 

 

参照:👇詳しく知りたい人はクリック👇

tocana.jp